中央大学入試対策

中央大学の入試英語の特徴や対策についてお伝えします。

中央大学を突破するための効率的な方法を見つけていきましょう。

【対策と傾向】中央大学の入試対策は?

中央大学

中央大学の学部は?

学部:文学部・法学部・経済学部・国際経営学部・商学部・理工学部
人気学部(各種サイトから一部抜):

法学部:中央大学の中で学生数として圧倒的存在感を誇る法学部。学科は法律学科、国際企業関係法学科、政治学科があります。コース設定も充実しており、法律学科は「法曹」「公共法務」「企業」、政治学科は「公共政策」「地域創造」「国際政治」「メディア政治」があり、幅広い選択肢の中からそれぞれの関心に沿った履修ができることが魅力です。演習項目(ゼミ)は250を超える多彩なテーマが用意されていてその中から選ぶことができます。またゼミも1年次から始まっており、継続的な学習が可能です。法学部はセンター取得率79~90%、偏差値57.5~65.0を必要とする。

中央大学の傾向と対策

法学部 (法律・国際企業関係法 2月12日)
形式:1.長文(2パラグラフ程度)のうち指定された2文を日本語に訳す(2問30点)やや難★★
2.日本語の文章を英語に訳す(2問20点)やや難
3.空所補充(前文に含まれる単語の一つの品詞を変え補充)(5問10点)やや難
4.空所補充(頭文字指定、日本語訳あり)(5問10点)
5.空所補充(四択)(10問20点)
6.文中の下線部4つの中から誤りのある下線部を選択(10問20点)
7.長文の穴埋め選択(10問20点)
8.長文(1000words)(言い換え選択、穴埋め、指示内容の把握)(10問20点)トピック:「思春期における特徴と周囲との関わり」

時間:90分

対策:最後の8の問題のボリュームが大きめであるため、長文の速読と同時に精読が重要である。また空所補充(3~5)の配点は長文問題(大問8)よりも多いため、空所補充のそれぞれのバリエーションに対応しつつしっかりと得点を稼ぐことが重要です。全体的に専門性の高い単語が使われる傾向。

大問3~6にあたる文法・語彙・語彙などの知識系の問題の比率が他大と比べてやや高めです。大問1においては前後の文章の流れに沿って適切に訳すこと、加えて大問2は和英ということで、他の大問と比較してもそれぞれ配点も高いためミスなく適格に訳していきたい部分で。

なお、中央大学の経済学部はMARCHの中でも比較的難易度が低いといわれています。

センター試験レベルの文法問題が多く、基本的な問題で構成されているため、「MARCHには入っておきたい」という受験生にとっては選択肢に入れるべき進学先です。

まずは無料相談を。

ご相談は以下のフォーム、もしくはお電話番号よりお問い合わせください。

03-6417-4406(平日10:00~18:00、土日祝日除く)





お名前必須
ご住所
メールアドレス必須
お電話番号
学年必須
ご希望内容必須
無料体験学習について入塾申込について入塾テストについて授業プランについてその他
ご質問など