こんにちは!ENGLISH-Xの宮内です。

長文、というだけで苦手意識を持ってしまう方、多いのではないでしょうか?(実は私もそうです。)

今日は長文問題を読解するときのコツについてお伝えします。

ぜひ勉強の合間に読んで見てくださいね!

長文の読解力って何?

長文読解のコツは?

英語の読解力とは何ですか?と聞かれてさらっと答えることができる人は少ないでしょう。

今現在の受験体制では、大量の英語長文を読み、その英文についている問いに答えるという形式がどこの入試試験でも基本となっています。

なので受験生が読解力を伸ばそうと思うのは当然のことだと思います。

英語の読解力とは何か、それは、様々な英語のスキルを総合的に必要とする力です。

そのスキルとは単語力、文法力、英文解釈力、などのスキル。

読解力はこの単語力、文法力、英文解釈力の三つのスキルを磨き、多くの英文を読んでいく過程で力を上げていくことができます。

つまり、長文が読めるようになるにはまず単語、文法を知っていて、多少難しい一文でもしっかり解釈できる解釈力をつけていく必要がある、ということです。

長文問題がスラスラ読めるようになるためのプロセスは?

では英語を読めるようになるためのには、どのようなステップを踏めば良いのでしょうか?

大学受験のセンター試験を例に説明します。

まずセンター試験レベルの長文を読解するための単語力。

大体センター試験に必要な単語量は決まっていて、市販の2000語程度載っている単語帳をやれば十分です。

次に文法。

センター試験の文法はそこまで難しくないので薄い文法書を一冊完全に理解すれば大丈夫です。

最後は解釈力。

文法が難しくないセンター試験はそこまで難しい解釈が必要とされません。しかし、大量の英文を処理する必要があるので解釈の速さを早める必要があります。

それでは解釈のスピードを上げるには?

そのためには、決まった英文の型(SVOC)などがたくさん載った参考書を繰り返し、繰り返し反復し、英語独特の型を体にしみこませるしかありません。

受験英語で大切な英語読解での意識

長文読解

 

では分かりづらい英文解釈について、詳しく説明します。

大事なのは意識。

英語長文を読解するときの意識を根本的に変える必要があります。なぜなら、英語は日本語と全く縁のない言語だからです。

私たちは100%完全な日本人であるため、脳を英語圏の人々に近づけていかなければ、一向に英語を読むスピードは上がらないし、英語の本質に気づくことができません。

そこで私たち日本人は、ネイティブが長年英語に囲まれて生活する中で培ってきた英語感覚を学び、受験英文を読むためにそれを常に意識していかなければなりません。

それを高速で効率よく学ぶために最もいい勉強が英文解釈です。

英文の型をある程度学び、一瞬で文型(SVOCなど)を理解できればどの試験でも怖くなくなります!

長文読解におすすめの参考書

ここまで話したら、大学受験でおすすめの参考書を紹介します。

これらの参考書を効率よく、自分の知識にできたら大学受験の英語長文読解が得意分野になること間違いありません。

長文読解におすすめの単語参考書

単語帳おすすめ

やはり単語帳で有名なのはターゲット1900とシステム英単語です。

この二つは大学受験界では定番!

この参考書程度の単語が頭の中に入っているのが受験に臨むうえで最低条件です。

他にもDUOやキクタンなど、単語帳は山ほどありますが、結局そんなに大きく載っている単語が違うということはないので、学校で配られたものを使うというのも良いでしょう。

長文読解におすすめの文法参考書

文法おすすめ

文法で有名なのがネクステージ

文法はこの手の網羅系の参考書を一冊やっておけば大丈夫です。ヴィンテージなどでもOK!

長文読解におすすめの解釈参考書

解釈テキストおすすめ

解釈の参考書でおすすめは西きょうじ先生の”英文読解入門基本はここだ”。

この参考書は英文解釈のエッセンスが凝縮されているので何回も繰り返してほしいです。

そうすれば試験で怖いものなし!

中学と高校の英文読解の技法の違いってあるの?

難関大学を目指す、というのは高校生だけではありません。

もちろん難関大学を目指している中学生にも英文読解について考えてほしいです。もちろん高校生もです。

英語とは一つの言語。

つまり英文のレベルの差はあれど、基本的な英文読解のやり方は変わりません。

暗記しなければならない構文(英文の型)が多くなるだけなのです。

受験を意識するにはまだ早い学生にも簡単に英文読解力を上げる方法があります。

それは定期テストを活用する方法。

毎回の定期テストで構文がわからない英文をなくすということに努めるだけでも、来年や再来年に控えた入学試験へのスタートダッシュが可能になります。

中学生や高校生、歳は問わずに、英語長文へのアレルギーをなくしておくだけでも、将来の進路に大きく関係してきます。

なぜなら、これからは確実に英語が必要になる時代だからです。

 

それではまた次回!

まずは無料相談を。

ご相談は以下のフォーム、もしくはお電話番号よりお問い合わせください。

03-6417-4406(平日10:00~18:00、土日祝日除く)





お名前必須
ご住所
メールアドレス必須
お電話番号
学年必須
ご希望内容必須
無料体験学習について入塾申込について入塾テストについて授業プランについてその他
ご質問など

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事