受験生はとかく英語という科目そのものに意識をとらわれがちですが、大切なのは英語で何ができるのかということです。大学に行ったら必ず英語を使う機会があります。そのときにどんなことを伝えたいのかをはっきりさせておくと世界が広がります。
当スクールでは画像にもあるように掛け算の記号を想起させる「X (エックス)」をモチーフにしています。「英語×」までは用意いたします。その後に皆さんはどんなものを掛け合わせたいですか?

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事