こんにちは!ENGLISH-Xの宮内です。
 
最近当塾にお問い合わせとして多いのが「英検対策をしていますか?」というものです。
 
もちろん、当塾は英検対策はバッチリなのですが、受験生はもちろん、もっとお若い方や、逆に社会人の方から「英検を◯級を目指したい」という声をよくお聞きします。
 
今回はそもそも「英検」とはどんな資格なのか、それぞれの級数など、そして受験でどのように役に立つか調べてみました!

受験に有利?英検ってそもそも何?

英検って何?英検というのは、実用英語技能検定の略語になります。
 
日本国内で実施されている英語に関する検定試験では最もメジャーで、規模も大きいです。
 
受験者数が多いため、多くの人が知っており、客観的な英語力の把握ができます。
 
主に筆記試験とリスニング試験があり、級によっては面接試験もあります。
 
受験や就職活動で優遇されることもありますから、学生のうちから取得に励むケースも多くありますし、趣味で受験をする人もいるため、大人になっても英検の受験者は多くいるのです。
 

英検の試験内容と、級のレベルは?

英検の級の違い
英検には級が設定されており、それぞれ求められる英語のレベルが違います。
 
したがって、自分の実力を考慮して受験する級を選んでいくことが必要なのです。
 

英検5級

5級は中学初級レベルで、英語の本当に基礎の基礎が出題されます。
 
英語を始めたばかりの小中学生などにおすすめの級です。
 
筆記試験とリスニングが出題されます。
 

英検4級

4級は中学中級レベルで、英語の基礎からやや発展した内容であり、中学レベルの英語の文法などがある程度は理解できる必要があります。
 
こちらも筆記試験とリスニングが出題されます。
 

英検三級

三級は中学卒業程度なので、英語の基礎という雰囲気はなく、中学生でも英語がある程度得意な人じゃないと受かるのは難しいレベルです。
 
大人が受験しても落ちるケースは普通にあるでしょう。
 
三級から筆記試験とリスニングに加えて、面接試験もあります。
 

英検準二級

準二級は高校中級程度になり、大学受験のセンター試験の問題のレベルにやや近いと言われています。
 
したがって、大学入試で出てもおかしくないくらいの英語の問題という理解が必要です。
 
こちらも筆記試験とリスニングに加えて、面接試験があります。
 

英検二級

二級は高校卒業程度であり、こちらも大学入試で出題される英語のレベルに匹敵します。
 
そして、出題される英文の内容の難易度が上がり、社会性に富んだものとなるため、国語力の部分も要求されるということが言えるでしょう。
 
こちらも筆記試験とリスニングに加えて、面接試験があります。
 

英検準一級

準一級は大学中級程度になりますから、大学受験の英語を超越するレベルの英文も出題されやすくなります。
 
一般的に二級までは受験人口が割と多いものの、準一級になるとかなり少なくなります。
 
そして、準一級に受かるということは相当な英語力の持ち主であると評価される状況になるのです。
 
筆記試験とリスニング、面接試験ももちろんあります。
 

英検一級

一級は大学上級程度となっており、英語に相当自信がある人しかほぼ受験しません。
 
そして、筆記試験のレベルも相当上がりますが、何よりもスピーチの試験があるというのが特徴的です。
 
英語を話せるだけではなく、聞き手に分かりやすく伝える能力まで要求されます。
 

筆記試験とリスニング、面接試験もあります。
 

英検を取ることで受ける受験のメリット

英検は受験に有利?
大学受験において、特定の英検の級を持っていると、選択肢が広がります。
 
例えば、私立文系の場合には英語、国語、社会または数学で受験するケースが多いです。
 
しかし、特定の英検の級があれば、英語が受験科目にない特定の入試方式を受けられたり、英語が受験科目にあるときにはそれが満点扱いになったりすることもあります。
 
そういった部分は大学、学部学科、入試方式ごとに内容が異なるので個別のチェックが重要ですが、いずれにしても基本的には二級以上が必要です。
 
場合によっては準一級以上が求められますが、こういった選択肢を利用するには最低でも二級は必要なので、大学受験に向けて英検を取りたいと思っている人は最低でも二級を目標にしましょう。
 

自分が受けたい大学の学部学科、入試方式によっては準一級が必要な場合もありますから、事前のリサーチを細かくやっておく必要があります。
 
そして、公募推薦やAO入試でも英検を持っていると有利になることがあります。
 
こちらに関しては、持っていなくても出願自体はできるケースが多いはずなので、具体的に何級が必要とは言い難いです。
 
ただ、有利になるにはこちらも二級以上が目安でしょう。
 
高校生のうちに二級以上を持っている人は割合で言えば高くはありません。
 
準二級だと人数はかなり増えますし、そもそも高校中級程度なので、合格しても不思議ではないレベルです。
 
だから、こういった形で大学受験を受けるときには二級以上を目標にすると良いと思います。
 
ただ、こういった入試形態に関しても、大学側が何級から優遇するということを明示している場合もありますから、そのチェックは必要です。
 
最初に言った通り、当塾でも英検対策は行なっております!
 
ぜひご興味ある方は一度無料体験授業にお越しください!!

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう