はい、こんにちは。今回は、82番のavailableっていう単語を紹介していきます。

82.available

このavailableなんですけども、意味がいっぱいあるんですよ。
実際ターゲット1900見た時にもですね、意味が複数載ってると思うんですけど、共通点はぜひね、みなさん考えていただきたくって、みなさん、ひとつの英単語見たときに、複数の日本語がある場合がありますよね。
実は、単語として見れば、ひとつの単語でしかないので、本来のコアの意味があるはずなんですよ。
手に入るとか、利用できるとか、あいているっていう意味があるんですけども、ターゲットにも書いてあると思うんですが、そのね、バカみたいに3つ覚えてもしょうがないわけですね。
ひとつの英単語に対して複数の日本語って、コスパ悪いじゃないですか。だから、コアのイメージをとらえればよくって、みなさん、availableのコアのイメージって何だと思いますか。
その3つの日本語、ないしは複数のその日本語に、共通する意味は何でしょうか。available。すごい簡単に言うと、availableって、準備OKっていうイメージなんですよ。
準備がOKであると。例えば、こういう感じですね。
これが使えるって言う時に、This is availableって言ったりもします。
This is available。例えば、あなたは明日あいてんの?みたいな。
Are you available tomorrow?と聞いたりします。あなたあいてんのって、これ使えるよとか、使えるとあいているって意味違うように見えるんですけど、準備がOKっていうイメージなんですよ。
なので、これが準備OKってことは、これは使えるってことだし、あなたは明日準備OK?みたいな感じで、あいているっていう意味で使うことができます。
available見たら、準備OKだということを意識してね、読解とかにうまく活かしてください。
ぜひですね、引き続き動画をご参照ください。チャンネル登録お願いします。

参考書, 英語勉強法の関連記事

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう