はい、みなさん、こんにちは。
 

それではですね、95番のevenについてやっていきましょう。
 

95.even

evenってみんなね、さえっていうふうに覚えているんですけど、今後一切、evenを見たら、日本語訳は忘れてください。
 
このevenっていうのは、あくまで副詞なんですね。
 
形容詞で出てくることもあるんですけど、圧倒的に副詞として出てくることが多いので、ちょっとこのevenについて、さえとか、でさえっていう言葉をちょっと忘れてもらって、視点をもう少し広く持ってですね、長文読解で活かせるようになってほしいなと思います
まずは、出る順で書いてるんですけども、even ifとeven though、訳し方としては、たとえ~だけれども、っていうふうに訳は一緒でいいんですけども、even thoughの場合は、逆説ですよね、thoughの意味は。
 
thoughが逆説なので、~なんだけど、こうだよねっていうふうに、even thoughの次に主張がくることが多いです。
 
長文読解とかではね。
 
なので、even thoughを見たらラッキーと思うんですね。
 
ああ、次主張がきやすいな、と。
 
もしくはキーワードがきやすい、キーフレーズがきやすいというふうに覚えておいてください。
 
逆に、even ifっていうのは、たとえ~だったとしても、もし~だったとしても、ですよね。
 
だから、このifとthoughの話をしているだけね。
 
このevenっていうのは、あくまで、おまけなんですね。
 
ですので、ifの文の後ろに別に主張きたりしないでしょ。
 
でも、thoughの後ろには、いわゆる譲歩、なんだけれども、なんとかだよねっていうふうに、次にメッセージがくることが多いので、この訳し方はだいたい一緒でいいんですけども、訳し方はどっちもね、たとえ~だったとしても、でも構わないです。
 
たとえなんだったとしても、たとえなんであろうが、とか、なんであろうとも、っていうふうに、訳語はなんでもいいんだけども、このifの節と、thoughの節で違いがあるってことを覚えておいてください。
 
evenは、別におまけなので、どっちも見たら、even見たら、たとえ~って訳してあげると、うまくいくかな、と。
 
訳じゃないんですよ、っていうことをここでわかってほしいですね。
 

evenはあくまでおまけなので、ちょっと次見て。
 
比較の強調っていうところで、比較の強調する時にevenって使われたりするんですよ。
 
せっかくなんで、比較の強調、全部教えておきます。
 
もう日東駒専からMARCH、ないしは国公立、早慶レベルまで全部これ比較の強調はこれしかないとお伝えするんで覚えておいてください。
 
行きますね。
 
比較の強調は、まずmuchだね。
 
much、still、even、far、a lot、yetです。
 
これが比較の強調です。
 
めっちゃおっきいって言う時に、yet biggerとかめっちゃ高いって言う時に、yet more expensiveとか、めっちゃ安いって言う時に、still cheaperとか、あとはめっちゃ興味深いねって言う時に、even more interestingとかいうふうに、much、still、even、far、a lot、yet、まあどれでも大丈夫です。
 
比較の強調あらわすので、これ覚えておいてください。
 
much、still、even、far、a lot、yetという感じ。
 
なので、比較でも、こうやって強調として使えるわけね。
 
evenっていうのは、さえって言ってるんだけども、この、さえっていうのは、すごく大きなメッセージで、プラスアルファして、前文の内容を受け継ぐことがあるんですよ。
 
例えば、この問題は子どもでさえできる、って言ったら、大人は絶対できるでしょ。
 
っていうふうに、このさえっていう日本語って、実は長文読解ですごくヒントになるんです。
 
今ちょっと長文がないんでなんとも言えないんですけども、この日本語だけ覚えてもしょうがないから、どうやってね、長文読解で使えばいいのか、さえって出たら、プラスアルファの情報とか、他に暗示するメッセージが、結構隠れてたりしますんで、ぜひ長文見たらね、そこを気づけるようになってほしいかなと、今回紹介しませんけども、長文でかなり活かせるところです。
 
強調の単語であると同時に、形容詞も持ってるんだよね。
 
例えば、陸上とかやってる人とかはeven paceで走るとかいう人いません?あとこの状態evenだよね、とか言う場合があるんですけど、一定のっていう意味だよね。
 
even paceで走るってことは、一定のペースで走る、even paceで勉強するってことは、一定のペースで勉強するってことなんで、これ一つの形容詞として、あんまり出ませんけどね。
 
あとは、数字の話。
 
even numberと、odd numberですね。
 
even number偶数、odd numberが奇数です。
 
oddって変なっていう意味でしょ。
 
変ってさ、どっちかっていうとこういうイメージじゃないですか。
 
なので、こういう奇数っていうふうに、気持ち悪い数字、だから理系の人とか2で割れないの気持ち悪いでしょ。
 
だから鳥肌立っちゃって、吐いちゃうんですよね。
 
だからこれ2で割れないなってなったら、数学好きな人吐いちゃうらしいですよ。
 
知りませんけど。
 
とりあえず、奇数っていうのが、変なナンバーなのね。
 
evenっていうのが、一定のナンバーですよ。
 
だから偶数ね。
 
常に2で割れる一定の数です。
 
そうするとね、こっちは常に2で割れない一定の数じゃないかって言われるんですけど、そういうのどうでもいいから、とりあえず一定の数、2で割れる一定の数ってイメージで、偶数って感じになります。
 
どっちか覚えておけばね、そのまま使えるんで。
 
なので、これも含めてなんですけど、一番出るのがこの比較の強調としてevenが出されること、意外とeven thoughは後ろに主張がくるよっていうのがみなさん見落とされているので、ぜひね、意識して覚えてもらえたらなと思います。
 
はい、というわけで、ここまでやらないでしょ。
 
なので、ピックアップして、英語の問題解いていきたいと思いますので、みなさんのね、今後の長文読解で使える学習として、ぜひこの動画活かしてみてください。
 
それではありがとうございました

参考書, 英語勉強法の関連記事

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう