豊島岡女子学園高等学校は、数ある東京の進学校の中でも名門との呼び声が高い女子校です。

 

そんな豊島岡女子学園高等学校に進学したいと考えている人は多いでしょう。

 

そこで、今回は、豊島岡女子学園高等学校の歴史や卒業後の主な進路、豊島岡女子学園高等学校の特徴や評判、部活や学祭の様子など、豊島岡女子学園高等学校について気になるあれこれを徹底的に解説します。

 

豊島岡女子学園高等学校に進学したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

豊島岡女子学園高等学校とは

 

まずは、豊島岡女子学園高等学校とはどのような高校なのか、豊島岡女子学園高等学校の歴史や豊島岡女子学園高等学校出身の有名人、豊島岡女子学園高等学校卒業後の主な進路について紹介します。

 

豊島岡女子学園高等学校の歴史

 

豊島岡女子学園高等学校は、明治25(1892)年、旧加賀藩士夫人の河村ツネとその3人の娘たちが、裁縫を中心とした一般家政の教育を施さんと設立した学校です。

 

設立当初は女子裁縫専門学校という名前の学校でしたが、明治37(1904)年には東京家政女学校と校名を変更。

 

紆余曲折を経、昭和23(1948)年、東京屈指の名門女子高校と称される豊島岡女子学園高等学校となりました。

 

開校以来、幾度となくその姿・形を変えてきた豊島岡女子学園高等学校ですが、建学の精神は今も健在。

 

数多くの優秀な女子を輩出し、その名を轟かせています。

 

豊島岡女子学園高等学校出身の有名人

 

豊島岡女子学園高等学校は芸能、スポーツ、文芸など、さまざまな分野で活躍している人を数多く輩出しています。

 

なかでも有名な3人の名前を以下に列挙しましょう。

 

  • 夏木マリ(女優)

Yahoo!ニュースより)

 

  • くらもちふさこ(漫画家)

東京のいいやんより)

 

  • 本間智恵(アナウンサー)

女性アナウンサー大図鑑より)

 

豊島岡女子学園高等学校卒業後の主な進路

 

豊島岡女子学園高等学校卒業後は、有名国公立大学や有名私立大学に進学する人がたくさんいます。

 

以下より、2018年度の主な卒業後の進路トップ3を発表します。

 

  1. 慶應義塾大学
  2. 早稲田大学
  3. 東京大学

 

私学の雄である慶應義塾大学と早稲田大学、そして日本最難関の大学と称される東京大学への進学者がトップ3を占めているのには驚きですね。

 

将来、日本屈指の難関大学へ進学したいと考えている人は、豊島岡女子学園高等学校への進学に狙いを定めてみてはいかがでしょうか。

 

豊島岡女子学園高等学校の特徴と評判

 

続いて、豊島岡女子学園高等学校の特徴・評判について紹介します。

 

豊島岡女子学園高等学校の制服

 

豊島岡女子学園高等学校の制服は、シンプルなセーラー服です。

 

冬服は襟と袖口に白の3本線があしらわれた濃紺一色のセーラー服で、夏服の上衣のメインカラーはになります。

 

ソックスは学校指定の白ソックスですが、冬服時の式典では黒ストッキングを履くように指示されます。

 

また、季節を問わず黒の通学靴を履くように指定されています。

 

この他、夏服用の白セーター冬服用の濃紺セーターも用意されており、いつでも任意で購入することができますよ。

 

しかし、豊島岡女子学園高等学校の制服のチャームポイントは、なんといっても特徴的な形のネクタイにあり

 

鳥が飛ぶ姿を彷彿とさせる形のネクタイは、鳩の校章を模しているのだそうです。

 

豊島岡女子学園高等学校の入学金・学費

 

豊島岡女子学園高等学校の入学金と1年にかかる学費は、以下のとおりです。

 

入学金 260,000円(1年次のみ)
施設設備費 180,000円(1年次)

50,000円(2・3年次)

授業料 420,000円
父母の会 入会金・会費 20,000円(1年次)

18,000円(2・3年次)

生徒会 入会金・会費 8,000円(1年次)

6,000円(2・3年次)

 

これらの金額を合計すると、以下の表の金額になります。

 

1年次の合計金額 898,000円
2年次の合計金額 494,000円
3年次の合計金額 494,000円
3年間の合計金額 1,886,000円

 

ただし、このほかに教材費等預り金や修学旅行積立金が必要となるので、どうかご承知おきください。

 

豊島岡女子学園高等学校での高校生活

 

豊島岡女子学園高等学校は「道義実践・勤勉努力・一能専念」という3つの教育目標を掲げており、生徒たちもその目標を達成すべく、日々切磋琢磨しています。

 

豊島岡女子学園高等学校の最大の魅力は、なんといっても礼法・マナー教室にあり。

 

豊島岡女子学園高等学校に通う生徒や保護者からは「社会に出ても恥ずかしくない礼儀やマナーを、高校生のうちからしっかり身につけられる」と評判です。

 

また、文化を重んじる一方で、Academic Dayモノづくりプロジェクト海外研修模擬国連活動など、多種多様な取り組みを行っており、2018年度には文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校に認定されています。

 

高校生のうちから礼儀作法を身につけたいと考えている人はもちろん、科学的思考や課題解決能力、国際性を身につけたいと考えている人にとって、豊島岡女子学園高等学校ほど進学にうってつけの高校はないでしょう。

 

豊島岡女子学園高等学校の部活

 

豊島岡女子学園高等学校には、49ものクラブ・同好会があります。

 

文科系 文芸部

政経部

地歴部

数学部

生物部

化学部

天文部

英語劇部

高校英会話部

美術部

漫画イラスト部

書道部

コーラス部

ギター部

マンドリン部

吹奏楽部

ピアノ部

軽音楽部

弦楽合奏部

洋裁部

手芸部

割烹部

演劇部

新聞部

珠算部

放送部

映画部

写真部

囲碁部

将棋部

コンピュータ部

英文タイプ部

花道部

茶道部

琴部

礼法部

百人一首部

運動系 バレーボール部

バスケットボール部

テニス部

卓球部

ダンス部

体操部

エアロビクス部

登山部

水泳部

剣道部

桃李連

舞踊研究部

豊島岡女子学園高等学校の文化祭

 

豊島岡女子学園高等学校では11月上頃、中学校と合同で2日間にわたる大規模な文化祭「桃李祭」を開催しています。

 

魅力的な催しが目白押しの2日間ですが、受験生や保護者のための企画もたっぷり

 

豊島岡女子学園高等学校の在校生が学校全体を案内してくれる「豊島岡ツアー」や、豊島岡女子学園高等学校の二大名物とも言える「運針&とネクタイ体験」、豊島岡女子学園高等学校の先生による個別相談も受けられます。

 

豊島岡女子学園高等学校に進学を考えている人は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

豊島岡女子学園高等学校で理想的な高校生活を

 

社会に通用する礼儀を身につけられる上、ハイレベルな科学的思考や課題解決能力、国際性を培うことができる豊島岡女子学園高等学校に通えば、きっと充実した学生生活を送ることができるでしょう。

 

しかし、豊島岡女子学園高等学校に進学するためには、まず豊島岡女子学園高等学校の入試を突破しなければなりません。

 

豊島岡女子学園高等学校への受験を考えている人は、ぜひENGLISH-Xにご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事