早稲田大学高等学院は、数ある東京の高校の中でも難関高校と称される名門男子高校です。

 

そんな早稲田大学高等学院に進学したいと考えている人は多いでしょう。

 

そこで、今回は、早稲田大学高等学院の歴史や卒業後の主な進路、早稲田大学高等学院の特徴や評判、部活や学祭の様子など、早稲田大学高等学院について気になるあれこれを徹底的に解説します。

 

早稲田大学高等学院に進学したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

早稲田大学高等学院とは

 

まずは、早稲田大学高等学院とはどのような高校なのか、早稲田大学高等学院の歴史や早稲田大学高等学院出身の有名人、早稲田大学高等学院卒業後の主な進路について紹介します。

 

早稲田大学高等学院の歴史

 

早稲田大学高等学院の歴史は、明治時代にまで遡ることができます。

 

1899年、早稲田大学の前身である東京専門学校の英語政治科および文学部文学科・史学科に高等予科が設置されました。

 

これこそが、早稲田大学高等学院のオリジンです。

 

1920年、早稲田大学が大学令による大学と認可されると、早稲田大学の高等予科は旧制早稲田大学早稲田高等学院となり、1949年には新制高等学校として新制早稲田大学附属早稲田高等学院に生まれ変わりました。

 

そして、その翌年の1950年、多くの人がよく知る名である早稲田大学高等学院に改称。

 

建学以来、早稲田大学建学の精神である「模範国民を造就」に基づいて、社会に有為な人材を輩出し続けています。

 

早稲田大学高等学院出身の有名人

 

早稲田大学高等学院は芸能人やアナウンサー、スポーツ選手、実業家、政治家、作家など、さまざまな分野で活躍している人を数多く輩出しています。

 

なかでも有名な3人の名前を以下に列挙しましょう。

 

  • 井深大(実業家〈ソニー創業者〉)

日本経済新聞より)

 

  • 竹下登(元総理大臣・DAIGOの祖父)

NAVERまとめより)

 

  • 軽部真一(アナウンサー)

マイナビニュースより)

 

早稲田大学高等学院卒業後の主な進路

 

早稲田大学高等学院卒業後は、ほとんどの人が早稲田大学に進学します。

 

将来、早稲田大学へ進学したいと考えている人は、早稲田大学高等学院への進学に狙いを定めてみてはいかがでしょうか。

早稲田大学高等学院の特徴と評判

 

続いて、早稲田大学高等学院の特徴・評判について紹介します。

 

早稲田大学高等学院の制服

 

早稲田大学高等学院の制服は、黒の学ランです。

 

しかし、ほとんどの生徒が普段は私服で登校しています。

 

早稲田大学高等学院の入学金・学費

 

早稲田大学高等学院の入学金と1年にかかる学費は、以下のとおりです。

 

入学金 260,000円(1年次のみ)
授業料 1年次:384,000円

2年次:732,000円

3年次:768,000円

教育環境整備費 228,000円
実験実習費 14,000円
生徒会費 9,600円
生徒会費 7,000円
日本スポーツ振興センター共済掛金 1,500円

 

これらの金額を合計すると、以下の表の金額になります。

 

1年次の合計金額 1,194,500円
2年次の合計金額 982,500円
3年次の合計金額 1,018,500円
3年間の合計金額 3,195,500円

 

このほか、運動着・教材・宿泊研修などの費用がかかるので、ご承知おきください。

 

早稲田大学高等学院での高校生活

 

早稲田大学高等学院は、「一般的教養を高め、健全な批判力を養い、国家及び社会の形成者として有為な人材を養成するとともに、更に進んで深く専門の学芸を研究するに必要な資質を育成すること」を教育目的として掲げ、独自の教育課程を設け、優秀な生徒の育成に努めています。

 

そんな早稲田大学高等学院の最大の魅力は、教科ごとに大学準備講座が設けられている点にあり。

 

3年次には自分が目指す学部に合わせて興味のある大学準備講座を履修でき、早稲田大学高等学院に通う生徒や保護者からは「大学進学後に高校とのギャップを感じずに済むことはもちろん、他の高校出身の人よりも一歩リードできる」と評判です。

 

また、第二外国語としてドイツ語・フランス語・ロシア語・中国語を選択必修科目と定めていたり、情報教育に力を入れていたりと、これからの社会で求められている力の育成にも余念がありません。

 

その上、卒業論文の提出も課されるというのですから、まるで小さな大学です。

 

高校時代から大学進学を見据え、大学生並みの知識や素養を身につけたいと考えている人にとって、早稲田大学高等学院ほど進学にうってつけの高校はないでしょう。

 

早稲田大学高等学院の部活

 

早稲田大学高等学院には、52ものクラブ・同好会があります。

 

体育部門 ボート部

ラグビー部

サッカー部

バレーボール部

バスケットボール部

軟式庭球部

硬式庭球部

軟式野球部

硬式野球部

グランドホッケー部

水泳部

競走部

卓球部

柔道部

剣道部

弓道部

ハンドボール部

ヨット部

米式蹴球部

ワンダーフォーゲル部

空手部

フェンシング部

ゴルフ部

スキー部

バドミントン部

洋弓部

つり同好会

吹奏楽部

文化部門 語学部英語班

語学部仏語班

理科部生物班

理科部物理班

理科部化学班

理科部地学班

美術部

グリークラブ

写真部

演劇部

映画研究部

雄弁部

鉄道研究部

ラス・ギタルラス

将棋部

囲碁部

フォークソング部

室内合奏団

漫画研究会

コンピュータ研究部

文芸同好会

ジャグリング同好会

ロシア語同好会

歴史探究同好会

早稲田大学高等学院の文化祭

 

早稲田大学高等学院では10月中旬頃、2日間にわたる大規模な文化祭「学院祭」を開催します。

 

クラスごとの趣向を凝らした企画はもちろん、部活ごとの個性あふれる企画やステージ企画も注目です。

 

早稲田大学高等学院に進学を考えている人は、ぜひ一度訪れてみてください。

 

早稲田大学高等学院で理想的な高校生活を

 

高校生のうちから大学生さながらの質の高い教育を受けられる早稲田大学高等学院に通えば、きっと充実した学生生活を送ることができるでしょう。

 

しかし、早稲田大学高等学院に進学するためには、まず早稲田大学高等学院の入試を突破しなければなりません。

 

早稲田大学高等学院への受験を考えている人は、ぜひENGLISH-Xにご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事