低所得世帯の学生を対象に大学など高等教育機関の無償化を図る新法が、5月10日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立したとの報道がありました

対象は住民税非課税世帯を基本とし、夫婦と子ども2人(1人が大学生)の家庭の場合、年収270万円未満が目安。年収380万円未満であれば3分の1~3分の2の額を支援する。

ということです。

経済的援助はとても重要なことですが、収入状況のみで判断し、援助していくだけではなく、民間の資格試験や面接なども課していかないとあまり機能していかないと考えています。

「人柄」を審査する制度があってもよいのではないでしょうか。

 

まずは無料相談を。

ご相談は以下のLINE@、フォーム、もしくはお電話番号よりお問い合わせください。

 

ただいまご依頼が殺到しており、折り返しの連絡に2〜3日かかる場合があります。
ご容赦ください。

友だち追加
03-6417-4406(平日10:00~18:00、土日祝日除く)

保護者様のお名前 必須

お子様のお名前 必須

お子様の学年 必須

メールアドレス 必須

お電話番号 必須

ご希望内容 必須















※その他を選択した方は以下のお問い合せ内容にご記入下さい

お問い合わせ内容

お問い合わせのきっかけ





















 

 

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事