学習院大学入試対策

今回は学習院大学の英語の試験について考察していきます。
G-Marchの「G」である学習院大学の入試は一体どんな内容なのでしょうか。

学習院大学の入試傾向

特徴的なことは早慶などに比べて学部ごとの対策の違いはそれほどありません。

学部によって対策を変える必要はないのでとても取り組みやすいです。

配分としては

  • 長文6割
  • 文法3.5割
  • 和文英訳0.5割

という構成で、一問の配点が比較的大きいことが特徴です。

特に手薄になりがちな和文英訳や正誤問題はライバルに大きく差をつけることのできる問題です。

長文読解は比較的スムーズに読めるものが多いのと他の大学の対策がしっかり応用できますが、文法問題に関しては大学に合わせた対策をしていかないと傾向に惑わされ解けないことがあるので注意が必要です。

その中でも特に正誤問題は受験生が苦手とするものなので早稲田大学の人間科学部の問題や正誤問題専用の問題集などで対策をしておきましょう。

内容自体はそれほど難しくないですが、しっかり対策をしないと大きな失点となります。

学習院大学の問題は全体的に解きやすい問題が多く、特別な対策をしなくとも点数は取りやすいです。

だからこそ、凡ミスやうっかりミスが合否を分ける境目になることも事実です。

法政大学や中央大学といったいわゆるMARCHの問題演習と並行しながらの学習が効果的です。

年度によっては長文が英問英答で出題されることもあり、戸惑う受験生もいますが、該当年度の学習院大学や早稲田大学の政治経済学部の問題、TOEICのPart7を用いて傾向に慣れておくことも点数を上げるのには効果的です。

学習院大学 2021年度用入試対策と学習法

全学部統一入試ではマーク式、一般選抜入試はそれぞれ記述・マーク併用式の試験が続いています。

試験時間は学部によって異なりますが、文章量・設問数ともに試験時間に対して多めと言えます。

全体的な出題傾向としては、農学部では発音・アクセントに関する問題もみられます。

難易度は標準的ですから、受験生として標準的な単語・熟語・文法をしっかり身につけ、確実に得点するようにしましょう。

長文問題の題材となる英文は、テーマの面では比較的読みやすいものが多いですが、ぼんやり読んでしまうと設問に惑わされますので、精読力が必要になります。

また、劇の脚本やインタビューなどの会話文も使われていますので、会話特有の表現の習得も必要です。

学習院大学 その他アドバイス

学習院大学に関していえば、徹底的に受験勉強をしていけば、合格点を取ることができます。

まずは一般的な学習を行い、高3の7月頃~でも十分に対策が間に合います。こなれた出題がほとんどないので、小さいミスをしないように普段から気を付けて学習をしていきましょう。

 

まずは無料体験にお越しください。

ご相談は以下のLINE@、フォーム、もしくはお電話番号よりお問い合わせください。

ただいまご依頼が殺到しており、折り返しの連絡に2〜3日かかる場合があります。
ご容赦ください。

友だち追加
03-6417-4406(平日10:00~18:00、土日祝日除く)

生徒氏名 必須

学年

メールアドレス 必須

お電話番号

ご希望内容

お問い合わせ内容

お問い合わせのきっかけ

紹介者氏名

※プライバシーポリシー