英検二級に合格するには?一次から二次までの試験対策【勉強法】

「英検二級を受験するけど、合格するにはどんな試験対策をすればいいの?」とお悩みではないですか?
 
英検二級は合格すれば大学入試や大学の単位認定、就職活動などにも活用でき、メリットの大きい試験です。
 
せっかく挑戦するのであれば、必ず合格を勝ち取りたいですよね。
 
本記事では、英検二級を実際に取得した筆者が効率的な試験対策を解説します。
 
勉強法のコツをわかりやすく説明するので、ぜひ最後までお読みいただき、試験勉強の参考にしてください!
 
TOEIC935点を取得し、普段英検二級の指導に当たっている鎌田が解説します。

英検二級の概要

英検二級には高校卒業程度の英語力が求められ、高校3年生であれば十分合格できるレベルです。
 
簡単なトピックだけでなく医療やテクノロジーなど社会性のある内容も出題され、単語や構文なども準二級よりもレベルアップします。
 
そのため、試験問題に合わせきちんと対策・勉強をしておく必要があります。
 
合格ラインは、リーディング・リスニング・ライティング各650点の合計点の内1520点、スピーキング650点の内460点です。
 
英検二級があれば大学受験における優遇措置を受けることができ高校生にとっては大きなアドバンテージとなるため、取得しておいて損はないでしょう。

英検二級の試験内容

英検二級は一次試験と二次試験に分かれており、一次試験でリーディング・ライティング・リスニング、二次試験でスピーキングのテストが行われます。
 
一次試験は筆記試験です。
 
解答用紙はマークシート形式で、黒鉛筆またはシャープペンシルで記入します。
 
試験時間は以下になります。

  • リーディング・ライティング:計85分
  • リスニング:25分

 
二次試験は一次試験に合格した場合にのみ受験でき、約7分の面接形式です。
 
ちなみに、一次試験に合格し二次試験を棄権(欠席)または不合格となった場合、次回以降の申込時に一次試験免除申請をする(約1年以内)ことで二次試験から挑戦することも可能です。

英検二級に合格するための対策・勉強法

英検二級の勉強法を、分野別に解説します。
 
具体的な方法とポイントを説明するので、「何から手をつけていいのかわからない」という方はぜひ一度真似してみてくださいね。

英検二級単語対策・勉強法

英検二級に合格するには、まず単語を覚える必要があります。
 
これは4技能すべてを伸ばす上での土台的な部分になるため、勉強を始める際には必ず行いましょう。
 
単語は市販の単語帳一冊を使用して覚えます。自分に合ったものであればどれでもよいですが、おすすめは『英検2級 でる順パス単(旺文社)』です。
 
英検の過去問題を分析しよく出題される順に掲載されているため、効率よく覚えられます。
 
『パス単』には単語のほかに例文もついていますが、単語学習の際は脳内でもいいのでこの例文を発音して読むことをおすすめします。
 
たとえば「provide」という単語を覚えるとき、ついでに「provide the children with lunch」という例文を発音するということです。
 
例文を発音することで、「provide」単語だけでなく「provide~with…」という熟語もカバーでき、スピーキング対策にもなるので一石二鳥です。
 
単語学習のポイントは、ひとつの単語に時間をかけすぎないこと。
 
何度も紙に書く…というような勉強法ではなく、わからない単語があってもすぐ次に進みそれを何度も繰り返していくほうが楽に覚えられますよ。

英検二級リーディング対策・勉強法

英検二級では、社会性のあるテーマの文章を理解できなければなりません。
 
そのためまずは長文に慣れるためにも、市販の過去問題集などを用いて文脈を押さえる練習をしましょう。
 
英検二級のリーディングセクションでは、以下の問題が出題されます。

  • 短文の語句空所補充
  • 長文の語句空所補充
  • 長文の内容致選択

短文の語句空所補充

短文の語句空所補充では、空所にふさわしい単語を4つの選択肢から選びます。
 
これは自分の知っている単語量がどれだけあるかを問う問題なので、時間をかけずに解きましょう。
 
一問50秒ペースで解き進め、わからない問題があったら潔く諦めて頭を切り替えることが肝心です。

長文の語句空所補充

長文の語句空所補充では、250~300語からなる長文内の3つの空所に入る語句を4つの選択肢から選びます。
 
空所前後の文章がカギとなっている場合が多いので、文章全体はサラッと読み進め空所前後の文章はじっくりと読みましょう。
 
「on the other hand」や「as a result」など、話が展開するときの接続語「ディスコースマーカー」の問題が必ず出題されるため、重点的に勉強しておきましょう。

長文の内容一致

長文の内容致選択では計3つの長文を読み、内容に一致した文章を4つの選択肢から選びます。
 
まずはタイトルを読み文章の概要を掴んでから一つ目の設問に目を通し、その後文章を読み始めましょう。
 
英検の問題は書かれている順番に沿って出題されるため、一つ目の設問が解けたら次の設問の問題を読み、続きから文章を読む…を繰り返していくと効率的です。
 
英検二級の長文対策は、以下の記事でも解説しています。
 

英検二級ライティング対策・勉強法

英検二級のライティングセクションでは、1つのトピックに対して2つの理由を含む意見を80~100語の英文で記述します。
 
ライティングのコツは、型に当てはめて意見を述べることです。
 
ライティングの型は、以下の通りです。

  • 主張:私は○○だと思います。(約10~20語)
  • 理由1+具体例:一つ目に○○だからです。○○という例もあります。(約30語)
  • 理由2+具体例:二つ目に○○だからです。○○という例もあります。(約30語)
  • 結論:だから、私は○○だと思います。(約10~20語)

 
またライティングでは、よく使われる表現があります。

  • 主張するときの「I agree/disagree that~.」
  • 理由を述べるときの「I have two reasons to support this opinion.」「First,~.」「Second,~.」
  • 具体例を述べるときの「For example,~.」「For instance,~.」
  • 結論を述べるときの「In conclusion,~.」「That’s why~.」

 
過去問の解答例からこれらの表現を学んでおきましょう。
 
英検二級ライティングに関しては、下記記事でも解説しています。
 

英検二級リスニング対策・勉強法

英検二級のリスニングは、第1部と第2部に分かれています。

  • 第1部:対話を聞き、質問に対して最も適切なものを4つの選択肢から選ぶ
  • 第2部:英文を聞き、質問に対して最も適切なものを4つの選択肢から選ぶ

 
問題は一度だけしか読み上げられません。そのため事前に選択肢を読んで問題を予想しておくことが重要です。
 
英検では筆記試験(リーディング・ライティング)の解答時間に、リスニング問題を読むことができます。
 
うまく筆記試験の時間配分をしてリスニングの選択肢を読んだり、リスニングテスト時に問題と問題のインターバルで次の問題を先読みしたりしましょう。
 
リスニング力を高めるには、シャドーイングがおすすめです。
 
シャドーイングは読み上げられた英語をそのまま発音する勉強法で、一朝一夕でできるようになるものではありません。
 
しかし、英語を英語のまま理解できるようになりスピーキングの練習にもなるため多くの人が英語学習に取り入れています。
 
日常生活の移動時間などで過去問のリスニング音源を聞き練習していくことで、耳が慣れていくでしょう。
 
英検二級リスニングに関しては下記記事でも解説しています。
 
<英検二級の二次試験(面接)対策!内容と当日の流れを解説!>

英検二級スピーキング対策・勉強法

二次試験のスピーキングは面接形式で行われ、イラストと英文の書かれた問題カードに沿って進められます。
 
二次試験の内容は、以下のとおりです。

  • パッセージの黙読と音読
  • パッセージについての質問
  • イラストの展開説明
  • 受験者自身の意見を問う問題

 
面接という特殊な状況下であり、どんなに対策を練っても緊張でうまく答えられない可能性が十分にあります。
 
そのため両親や学校の先生などに協力してもらい、入室から退室までの流れを再現しながら練習をするとよいでしょう。
 
解答をする際は緊張でつい早口になりがちなため、いつもよりゆっくりと音の抑揚を意識しながら話すよう心がけましょう。
 
複数形や過去形、三単現のSがきちんと発音されているかは、スピーキングの採点ポイントです。
 
面接官の質問が聞き取れない際の「I beg your pardon?」や、解答を考えているときの「Well...」といった語句も意外と重要です。
 
黙り込んでしまうと減点対象になるため、注意しましょう。

英検二級に合格するには効率的な勉強が重要

英検二級に合格するための勉強法を解説しました。
 
取得すると大きなメリットのある英検二級ですが、準二級からさらにレベルアップした内容であり簡単には合格できません。
 
しっかりとポイントを押さえて、効率的な勉強を心がけましょう。
 
自分での試験対策が難しいと感じたら、プロの元で学習するのもひとつの手です。
 
目黒にある英語塾「ENGLISH-X」では、英検二級の対策を行っています
 
無料体験授業も受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい!
 

ご興味のある方は、お気軽に無料体験授業にお申し込みください!

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう