青山学院高等部は、数ある東京の進学校の中でも名門との呼び声が高い高校です。

 

そんな青山学院高等部に進学したいと考えている人は多いでしょう。

 

そこで、今回は、青山学院高等部の歴史や卒業後の主な進路、青山学院高等部の特徴や評判、部活や学祭の様子など、青山学院高等部について気になるあれこれを徹底的に解説します。

 

青山学院高等部に進学したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

青山学院高等部とは

 

まずは、青山学院高等部とはどのような高校なのか、青山学院高等部の歴史や青山学院高等部出身の有名人、青山学院高等部卒業後の主な進路について紹介します。

 

青山学院高等部の歴史

 

青山学院高等部は、米国のメソジスト監督教会が日本に派遣した宣教師によって創設された学校を源流とする青山学院の一教育機関であり、1950年に共学高等部として開設された高校です。

 

1986年には中等部との連携を強めるため、高中部として組織を一本化。

 

1988年以降はホームステイや短期交換留学に積極的に取り組み、さまざまな国々との交流を深めてきました。

 

2015年には文部科学省からスーパーグローバルハイスクールの指定を受け、将来、国際的に活躍するであろう、優秀な子どもたちの育成に励んでいます。

 

青山学院高等部出身の有名人

 

青山学院高等部は芸能、スポーツ、政治など、さまざまな分野で活躍している人を数多く輩出しています。

 

なかでも有名な3人の名前を以下に列挙しましょう。

 

  • 蓮舫(政治家)

J-CASTニュースより)

 

  • 六代目 中村勘九郎(歌舞伎役者)

SPICEより)

 

  • 三田友梨佳(アナウンサー)

grapeより)

青山学院高等部卒業後の主な進路

 

青山学院高等部卒業後は、青山学院大学はもちろんのこと、有名な国公立大学や私立大学に進学する人がたくさんいます。

 

以下より、2018年度の主な卒業後の進路トップ3を発表します。

 

  1. 青山学院大学
  2. 慶応義塾大学
  3. 上智大学・東京理科大学・早稲田大学

 

やはり、青山学院大学への内部進学者が大多数を占めますが、そのほかの有名私立大学への進学者も多いようです。

 

将来、青山学院大学へ進学したいと考えている人はもちろん、有名私立大学に進学したいと考えている人は、青山学院高等部への進学に狙いを定めてみてはいかがでしょうか。

青山学院高等部の特徴と評判

 

続いて、青山学院高等部の特徴・評判について紹介します。

 

青山学院高等部の制服

 

青山学院高等部の制服は、男女ともに濃紺を基調としたブレザースタイルとなっています。

 

正装・略装・夏服の3種類があり、それぞれ以下のような特徴がありますよ。

 

男子 女子
正装 2つボタンの濃紺ブレザー

濃紺ズボン

ワイシャツ(基本は白)

ネクタイ(自由)

6つボタンダブルの濃紺ブレザー

ひだつきスカート(自由)・濃紺ズボン

ブラウス(基本は白)

略装 濃紺のスクールセーター・ベスト

濃紺ズボン

ワイシャツ(基本は白)

ネクタイ(自由)

灰色のスクールセーター・ベスト

ひだつきスカート(自由)・濃紺ズボン

ブラウス(基本は白)

夏服 濃紺ズボン

白ワイシャツ・ポロシャツ

ひだつき濃紺無地スカート・濃紺ズボン

白ブラウス・ポロシャツ

 

青山学院高等部の入学金・学費

 

青山学院高等部の入学金と1年にかかる学費は、以下のとおりです。

 

入学金 320,000円(1年次のみ)
施設設備料 220,000円
授業料 600,000円
実習料 5,000円
保健料 6,000円
冷暖房料 12,000円
後援会会費 22,000円
生徒会入会金 5,000円(1年次のみ)
生徒会会費 12,000円
修学旅行積立金 80,000円(1年次)

65,000円(2年次)

卒業積立金 55,000円(3年次のみ)

 

これらの金額を合計すると、以下の表の金額になります。

 

1年次の合計金額 1,282,000円
2年次の合計金額 942,000円
3年次の合計金額 932,000円
3年間の合計金額 3,156,000円

 

青山学院高等部での高校生活

 

青山学院高等部は

 

  • 礼拝と聖書の学びを通して、真実を求める心を培い、神や人生について深く考え、人を愛し人に奉仕する人間の育成に努める。
  • 教科の学習を通して、総合的判断力・洞察力を持ち、自分の人生の進路を切り拓く力をもつ人間の育成に努める。
  • 学校の諸活動を通して、集団の中で自分の果たすべき役割を知り、それを実行できる人間の育成に努める。
  • 国際的な視野に立って将来の社会に責任を負うことのできる人間の育成に努める。

 

といった4つの教育目標を掲げており、生徒たちもその目標を達成すべく、日々切磋琢磨しています。

 

青山学院高等部の最大の魅力は、なんといっても質の高い英語教育にあり。

 

青山学院高等部に通う生徒や保護者からは「国際的に活躍するために必要な英語力を身につけられる」と評判です。

 

また、キリスト教ならではの行事をたくさん行う高校であるため、日本にいながら欧米のスタンダードな文化に触れることができます。

 

将来、欧米の人々と触れ合う仕事をしてみたいと考えている人にとって青山学院高等部ほど進学にうってつけの高校はないでしょう。

 

青山学院高等部の部活

 

青山学院高等部には、40ものクラブ・同好会があります。

 

運動部 ダンス部

陸上競技部

ラグビー部

フェンシング部

女子ハンドボール部

男子ハンドボール部

女子バレーボール部

男子バレーボール部

バドミントン部

女子バスケットボール部

男子バスケットボール部

馬術部

女子テニス部

男子テニス部

チアリーディング部

卓球部

ソフトテニス部

水泳部

柔道部

サッカー部

ゴルフ部

硬式野球部

剣道部

文化部 ライフ・サイエンス部

マンドリン・ギター部

ブラスバンド部

美術部

演劇部

同好会 調理研究同好会

茶道同好会

弦楽アンサンブル同好会

漫画・イラスト同好会

生花同好会

特設クラブ 放送部

ボランティア部

ハンドベル部

聖書交友会(ABF)

聖歌隊

出版部

オルガン部

青山学院高等部の文化祭

 

青山学院高等部では9月中頃、3日間にわたる大規模な文化祭を開催。

 

そのほとんどが生徒たちの手によって成っているとのことですが、ステージイベントからクラス展示に至るまで、高校生によるものとは思えないクオリティを誇っています。

 

また、受験生や保護者のために入試相談コーナーも設けられており、先生から受験や高校生活についてリアルな話を聞くことができます。

 

青山学院高等部に進学を考えている人は、ぜひ一度訪れてみてください。

 

青山学院高等部で理想的な高校生活を

 

質の高い英語を学ぶことができる上、キリスト教の豊かな文化に触れることができる青山学院高等部に通えば、きっと充実した学生生活を送ることができるでしょう。

 

しかし、青山学院高等部に進学するためには、まず青山学院高等部の入試を突破しなければなりません。

 

青山学院高等部への受験を考えている人は、ぜひENGLISH-Xにご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事