法政大学入試対策

このページでは、法政大学の入試英語の特徴や対策についてお話しします。

法政大学の入試方法は大きく4つに分けられます。

  • A方式(個別日程)
  • T日程(統一日程)
  • 英語外部試験利用入試
  • センター試験利用入試(B方式、C方式)→2020年には廃止。

 

ここでは、A方式とT日程の傾向と対策についてご紹介します。

英語外部利用入試については別の機会にご紹介いたしますね。 

contents

法政大学【A方式】での受験英語

A方式での受験は一日に1学部1学科までとなっています。これは同日実施している他の学部学科と同じ問題を出題しているためと考えられます。

 

一日に一学部、一学科までの受験なので、入りたい学部が複数あってそれが同日実施の場合は一つしか受験できません。もし違う日にも同じ学部の入試が実施されていれば受験することができ、合格の可能性が広がります。

それでは、傾向と対策を同一日程の学科をまとめて紹介します。

法学部(法律学科、政治学科)国際文化学部(国際文化学科)キャリアデザイン学部(キャリアデザイン学科)の受験英語、傾向

 

試験時間 90

解答形式 マークシート式

5題すべて 長文読解(大問1のみ英語での設問)

長文読解の英文の量は800程度のものが多く出題されています。2018年は大問5で演劇のシナリオが用いられており、会話文を読み取る力が必要とされます。

出題傾向としては、前半部分は空所補充が多く、後半に向かうにしたがって内容理解を問う問題が出題されています。

法学部(法律学科、政治学科)国際文化学部(国際文化学科)キャリアデザイン学部(キャリアデザイン学科)の受験英語対策

長文が5題あり、いずれも比較的長めの文章が出題されている傾向にあるので、ペースよく読み進めていくことが鍵となります。

また、文系の学部の入試、生物学など理系分野の内容の長文も一題は出題されているため、どんな内容であっても読み込める読解力を身につけておきましょう。

法学部(国際政治学科)、文学部(英文、地理、心理学科)、経営学部(経営戦略、市場経営)の受験英語傾向

試験時間 90

解答形式 マークシート式

 

大問数 4つ

すべて長文読解

 

この日程のA方式は大問数が4つのみですが、大問4において1000ワードを超える眺めの長文となっており、全体としての文章の分量は決して少なくありません。

また、内容理解を問う問題が多く出題されている傾向にあります。

法学部(国際政治学科)、文学部(英文、地理、心理学科)、経営学部(経営戦略、市場経営)の受験英語対策

長めの長文からの出題ということで、内容をつかみながらもテンポよく読み進められることが必要です。

内容理解を問う問題がやはり多くありますが、文章中の下線部の意味を問う問題や文章中の空所を補充する問題も多いため、あらかじめ問題に目を通しておき、問題として問われそうな箇所を深く読めるようになると、時間短縮にもつながります。

 

文学部(哲、日本文、史学科)、人間環境学部(人間環境学科)、経営学部(経営学科)の受験英語傾向

文学部(哲、日本文、史学科) 60

経営学部(経営学科)、人間環境学部(人間環境学科) 90

問題数 4題

いずれも長文読解

★文学部を志望する受験生は大問1~3を解答。

経営学部または人間環境学部を志望する受験生は大問1~4まですべてに解答

解答方式 マークシート式(2018年は大問4の問題文が英語)

 

文学部(哲、日本文、史学科)、人間環境学部(人間環境学科)、経営学部(経営学科)の受験英語対策

文学部は一題少ない分時間が60分となっていますが、文学部もほかの学部も制限時間に対して、8001000ワードという多めの分量となっています。

法政大学の英語全体に言えることですが、一部の問題文が英語になっていることがあります。

2018年はちょうど文学部が解かない第問4が英語の問題文での出題でした。文学部を志望する場合でも、英語の問題文で出題されてもスムーズに解答できるよう、英語の問題文に慣れておくと安心です。

経済学部(経済学部)、社会学部(社会学科)、スポーツ健康学部(スポ―ツ健康学科)の受験英語傾向

時間 90

解答形式 マークシート式

  1. 空所補充(短文穴埋め)
  2. 長文読解(空所補充)
  3. 長文読解
  4. 長文読解

大問1の空所補充では、主に単語を選択肢から選ぶ形式、大問2では3パラグラフ程度の長文の中で文脈に合った単語や活用を選ぶ形式となっています。

大問3と4では、1000ワードを超える長い長文で内容理解が問われますが、基本的な読解力で十分対応ができます。

経済学部(経済学部)、社会学部(社会学科)、スポーツ健康学部(スポ―ツ健康学科)の受験英語対策

大問1では文法や語彙力問われます。基本的な文法、語彙をしっかりおさえておきましょう。

大問2では、文脈や前後の単語から適切な活用や語句を選択できるか、がポイントです。

できるだけ大問1,2は確実に得点していきたい部分です。

問題の形式が大きく異なるため、前半の空所補充で時間を使わないでサクサク進めることで、後半の長文読解に時間を使うことができ、合格につながっていきます。

 

経済学部(国際経済、現代ビジネス)、社会学部(社会政策科、メディア社会科)、現代福祉学部(福祉コミュニティ、臨床心理)の受験英語傾向

時間 90

解答方式 マークシート式

問題数 大問4

  1. 空所補充(短文穴埋め、会話文穴埋め)
  2. 長文読解
  3. 長文読解
  4. 長文読解(会話文) 

大問1の空所補充では、文法問題の穴埋めが中心だが、会話文の穴埋め問題も複数出題されています。

大問2、3においては1000字を超える長文読解で、内容理解、空所補充の問題が多く、他の学部、日程の長文問題と傾向に違いありません。大問4の長文は2018年は会話文の形式、同じく1000字を超えるかなりのボリュームの文章となっています。

 

経済学部(国際経済、現代ビジネス)、社会学部(社会政策科、メディア社会科)、現代福祉学部(福祉コミュニティ、臨床心理)の受験英語対策

会話文の文脈をつかみ、空所補充問題や長文読解問題に盛り込まれている会話文にも対応できるようになれると、得点アップにつながります。

会話文を攻略しながら、時間配分に気をつけて長文を読み進めていくことが鍵になります。

GIS(グローバル教養学部)の受験英語傾向

 

時間 90

解答形式 マークシート式 + 記述式 

問題数 大問6つ(問題文も英語)

  1. 空所補充
  2. 空所補充(記述式)
  3. 長文読解
  4. 長文読解
  5. 長文読解
  6. 長文読解

この学部では専門科目がすべて英語で学べる環境となっています。GISには海外の協定大学で学ぶ留学プログラムも充実している学部です。

 

授業がすべて英語で行われるGISというだけあって、問題の形式や文章の量が多いことが特徴的です。

大問1の空所補充問題でさえ、一問あたり1パラグラフ程度の文章の英語を読解することが求められます。

さらに、記述問題である大問2では、1パラグラフの最後の文の抜けている箇所を記述する、というような形式のため、内容を理解し文脈をつかみ、前後の英文と合うように作文する必要があります。大問3から6まで、それぞれ1000字を超える長文の読解があります。

これらすべてを90分以内で解答するには長文を一回で理解し、パラグラフごとの要約をしながら進めていくと効果的です。

 

GIS(グローバル教養学部)の受験英語対策

全体的な文章量がほかの学部と比べても圧倒的に多いので、日ごろから新聞や本などで英語に頻繁に触れておくと、速読力もつき、これだけある文章を読み切ることができるでしょう。

他の学部を目指す場合があっても、英語の読解に余裕が出てきます。

問題の記述ですが、長文の解答ではないので、「文字数のわからない穴埋め」のような状態です。問題集などで練習し、慣れておきましょう。 

 

デザイン工学部(都市環境デザイン工学、システムデザイン)、理工学部(機械工(機械工学専修、応用情報工学)、生命科学部(生命機能)の受験英語傾向

時間 90

解答方式 マークシート式

 

大問7つ

 

  1. 空所補充
  2. 空所補充(会話文)
  3. 長文読解(空所補充と一文削除)
  4. 長文読解(1~2パラのレビュー)
  5. 長文読解(図あり)
  6. 長文読解(一部英語の問題文)
  7. 長文読解

 

長文読解のテーマとしてはロボットや昆虫など、科学、工学の内容が出題される傾向にあります。

また大問5の長文読解問題では、イラストや図を読み取り答える力も問われています。

長文の分量としては、2018年は800字程度の大問が二つ、1000字以上の長めの大問が一つ出題されています。

高校生のうちから大学での学問を想像し、興味のある人にとっては長文を読むだけでワクワクするかもしれません。

 

デザイン工学部(都市環境デザイン工学、システムデザイン)、理工学部(機械工(機械工学専修、応用情報工学)、生命科学部(生命機能)の受験英語対策

最初の大問1、2の空所補充問題は確実に点数をとっていきたい箇所です。

最新の2018年の大問4では、複数の文章を読んで解答するタイプの問題が出題されています。

大問5でも図やイラストを読み取る問題が出題されていますが、複数の情報を読み取って解答する形式の問題に対応できるように練習しておきましょう。

センター試験なども練習になることでしょう。

 

デザイン工学部(建築)、理工学部(電気工、経営システム、創生科)、生命科学部(環境応用科、応用植物科)の受験英語傾向

時間 90分

解答形式 マークシート式

 

  1. 長文読解
  2. 空所補充(図)
  3. 長文読解
  4. 発音、語句の並べ替え
  5. 長文読解

 

大問1,3,5に長文(1000字~1200字以上)が出題され、宇宙や人工知能など、科学分野に関する問題が出題される傾向にあります。

大問2はイラストを説明する空所を補充する問題、大問4では発音の選択問題、語句の並べ替えが問題となっています。

 

デザイン工学部(建築)、理工学部(電気工、経営システム、創生科)、生命科学部(環境応用科、応用植物科)の受験英語対策

大問2,4でミスなく、時間を使わずに解答できるかが重要となってきます。

発音などは、パターンとして限られており得点のチャンスなので、日々の音読などで対策をしましょう。

科学分野に関する長文問題が出題されやすいので、問題集などの長文問題を練習するだけでなく、自分の興味に近い科学分野の領域からでも、本や記事に日ごろから目を向けておくと、そこで目にした語彙が本番で役に立つかもしれません。

 

 

情報学部の受験英語傾向

 

時間90

問題形式 マークシート式

 

大問は5つ。大問5に問が4つ含まれます。

(大問1)問1 発音

(大問2)問2 空所補充

(大問3)問3 空所補充(一パラに一文)

(大問4)問4 長文読解 一文削除

(大問5)問5 単語並べ替え

問6 空所補充(会話文)

問7 長文読解

問8 長文読解

 

問7,8の長文読解ではIoTや深層学習など学部に関連のある内容の記事などを読み解く問題が出題されています。

1000字程度の長文のため量は多く、問8は問題文も英語になっています。

また、この学部の長文でもグラフを読み取る問題が出題される傾向にあります。

 

情報学部の受験英語対策

長文の分量は決して少なくはないため、速読は重要です。

長文のテーマになりやすい、学部に関連した文章を読む練習をしておくとスムーズに読み進めることができます。

長文の問題の割合は多くなく、さまざまなタイプの空所補充問題、単語並べ替え、発音など、比較的短時間で解答できる箇所があります。

このような、さまざまな問題の形式に慣れておくことで、これらの問題が得点源になります。

 

法政大学【T日程】での受験英語

他の大学でいう、「全学部日程」です。T日程では併願することができ、併願すると受験料が割引になるようです。

T日程は文学部のみ、英語の代わりに小論文を受験することになります。

 

T日程(文学部以外の学部)の受験英語傾向

【傾向と対策】T日程(文学部以外の学部)

時間 90分

解答形式 マークシート式

 

  1. 空所補充

2~4 長文読解

 

大問1の空所補充問題には会話文の問題が数問含まれる傾向があります。またA方式の入試でもたまに見られたように大問ひとつだけ問題文が英語というものもあります。2018年も大問4の問題文が英語でした。長文問題では、文中の意味を選択する問題が多く出題されている傾向があります。

 

 

T日程(文学部以外の学部)の受験英語対策

大問1の文法問題は基本的なので、確実に点を取れるようにしましょう。長文対策として、早く正確に文章を読み取れるようになることが重要です。問題集などでたくさん問題に触れるようにし、一度解いた問題を解き終わってから読み直すなどして、出てきた語彙を定着させるようにすることで、長文問題が解きやすくなります。

 

 

法政大学の問題は全体的にベーシックな問題が多く、必要以上に頭をひねったり、高度な知識が求められたりするわけではありません。

しっかりと基本を理解し、語彙の量が基準よりあれば合格点を取ることができます。

たゆみない努力がそのまま反映される入試問題と言えそうです。

英語での出題も一部ありますが、何も怖気づく必要はなく、過去問演習をしていればなんてことはない形式です。

まずは無料相談を。

ご相談は以下のフォーム、もしくはお電話番号よりお問い合わせください。

03-6417-4406(平日10:00~18:00、土日祝日除く)





お名前必須
ご住所
メールアドレス必須
お電話番号
学年必須
ご希望内容必須
無料体験学習について入塾申込について入塾テストについて授業プランについてその他
ご質問など