洋画と勉強

こんにちは!
 
英語は苦手だけど、海外ドラマ、映画を数多く見てる方いらっしゃいますか?
 
勉強の合間についつい、見ちゃいますよね
 
今日は、ついつい見るなら英語の勉強も!ということでオススメのになるドラマ、映画をお伝えします。
 
英語勉強

映画・ドラマで英語を勉強するときのポイントは?

洋画と勉強
 
ストーリーを知っている事と、セリフの日本語訳を熟知していることは前提段階となりますが、実際は、そのセリフが意訳されていることもあるので、直訳する脳の構造では理解できないことが多くあります。
 
勉強するときのポイントとしては、海外の映画・ドラマの中で、どのようなセリフの展開と、コミュニケートの流れがあるのかをつかむことです。
 
ですので、字幕ばかりをみていては、日本語としての脳が働きますので、字幕はオフに!
 
そして、日本語で理解しようとせず、向こうの言語を聞き取るようにします。
 
そのうえで、単語と文章がキャスティングの感情の流れに沿って展開されていることを理解してください。
 
つまり、内容のドラマが感情の流れとして理解できるくらいに、読解するのです。
 
これには、訓練を要しますが、話の流れが解っているという状況を、セリフの感情的側面を伴って理解しようと試みることです。
 
まず、耳で聞き取り、可能な限り自国語で理解しようとすることを排除してください。
 
そのうえで、単語の連立用法を学びます。
 
繰り返しのヒアリングにより、英語音声が聞き取れるようになれば、そのフレーズの環境的側面を理解しましょう。

勉強する際のおすすめ映画、洋画

オススメの洋画は?
 
おすすめはディズニーやジブリ!
 
こちらは話がわかりやすい、もしくはもう知っている内容ですので、英語を聞きながら何を話しているかイメージしやすいからです。
 
ですが、スラング調のも多いのが特徴です。
 
ですので、その早回しのような英語の調子では聞きこめない可能性があります。
 
これは、映画によっても特徴があります。
 
より古い映画のほうが、台本のテキストがしっかりしていて、戯曲的な映画の方が、英文がしっかりしています。
 
つまり、英語圏の子供が使用するようなスラングでは、英会話としてもビジネス英語としても使用は難しいものです。
 
ですので、大人の見るような映画を参照にしましょう。
 

フォレスト・ガンプ

私のおすすめは、フォレストガンプになります。
 
これは、小説の台本が基になっているので、その英語文面のしっかりしていることは確かです。
 
そして、大人の使用する英語として、コミュニケーションが、映画のテーマともなっています。
 
ですので、コミュニケートに正確な文法を使用することなど、その文面と文面の間の取り方であったり、より具体的な内容を交換するのに適したものとなっています。
 
つまり、ビジネスでも、友人でも使用できる英語がそこにあるからです。
 
このように、しっかりとしたコミュニケーションを基にした映画を見ると、より具体的でリアルな会話が可能となります。
 
ドラマよりも英会話の構造がしっかりしているのが、映画の特徴です。

勉強するのにおすすめの海外ドラマ

オススメの海外ドラマ
 
英語を使用するドラマの方で言えば、映画よりもより瞬時的な英会話の方法がそこにあります。

プリズン・ブレイク

ドラマプリズン・ブレイクでは、緊迫したムードですが、ショットタイプとしての英会話があります。
 
これらは、ショートターンに依る会話の方法があり、現代の若い世代の使用する英語がそこにあります。
 
ビジネス英会話には不向きかもしれませんが、実際に英語圏のスクールで使用する会話に最適でしょう。

ER 緊急救命室

ER緊急救命室では、その英語の内容の複雑さはありますが、シリアスな社会問題をテーマにしていますので、社会問題を考えたい学生には適しています。
 
その英語としても、通常の英語圏のはやいスピードで展開されます。
 
ですので、その英語を聞き取る能力を高めるのには最適です。
 
もしそのまま英語圏でビジネスをするのであれば、これらのビジネス戦略英語としてはヒアリングに集中したいところです。

Vビジター

Vビジターは、台本のしっかりとしたドラマですので、文法構造をメインに勉強したい時には役に立ちます。
 
文法構造を勉強したい場合は、戯曲的で古典的な作品を見ると、より参考になります。
 
あたらしいものは、スラングも多く含まれていますので、実用とは遠いやりかたになります。
 
それではまた!

この記事が気に入ったら
いいねください!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう